上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

yaretakamo12_015.jpg

R-1グランプリに出た芸人のキートンさんという方が審査員の審査に不満があったらしい。
去年のM-1でもとろサーモンの久保田さんとスーパーマラドーナの武智さんで似たようなことがあって大騒ぎした気がする。
漫画界でも同じようなことを時折見かける。
「自分の実力はもっとあるはずだ」という演者(作者)自身からの主張。
これはSNS時代になってより顕著になってきたのではないだろうか。
SNSをやってると自分をフォローしてくれてる人は大概肯定的な意見をくれる。
それは世界のほんの片隅の価値観なのに、それで「おれは人気者だ」と思ってしまった人が世に出たときに、フォロワーの外の基準の審査に腹を立てるのではないだろうか。

上記のようなことをふと思ったのだが、本題はこれについてではなく、僕はこのように大して知りもしないくせに、世の中に対して自分の意見を主張したくなってしまうということである。
さも「自分が正しいでしょ」という知った風な顔で。
こういう時に安易にツイートするのは危険だ。
とにかく落ち着くことだ。
何か自分の中の満たされないドロドロした不満を世の中にぶちまけようとしている可能性がある。
「お前は何様なのか」きっちりそして謙虚に自問自答すべきだ。
わかりもしない他人のことを話題にするより自分自身のことを語るべきではないだろうか。
そうだ他人のことではなく、自分のことを語ろう。

僕は「このマンガがすごい」(宝島社)などのランキングが大嫌いである。
去年か一昨年だったか。「このマンガがすごい」に拙作「やれたかも委員会」が37位だか何だかに入ったことがある。
あれは11位以下の人には特に連絡もないらしく、僕も知り合いから聞いて初めて知った。
「おめでとう」なんて言われたりもしたが、内心ちょっとイライラしていた。
37位?めでたいか?
だいたい人が一生懸命描いた漫画に勝手に順位をつけて、それで一冊の本にして金儲けしてるというのが腹が立つ。
37位なんか全然嬉しくもなんともない。ありがたがるとでも思ったか。1位しか嬉しくない。みんなそう思って描いてるんじゃないのか。
そもそもあれ50位まで発表する意味があるのだろうか。
10位ぐらいまでを勝手に発表すればいいじゃないか。
その他の賞も全て大嫌いだ。
大体ああいうので1位になったところで作品の旬が勝手に設定されて、その次の年が心配になるじゃないか。
去年の1位を誰も覚えてないだろ。勝手に作品を古くするようなマネをするんじゃない。
この先エントリーされることがあっても辞退してやるからな。
覚悟しろ!!!

………
少し熱くなってしまったが、今一度落ち着こう。
冒頭に自分で書いたではないか。

「それ(SNSの世界)は世界のほんの片隅の価値観なのに、それで「おれは人気者だ」と思ってしまった人が世に出たときに、フォロワーの外の基準の審査に腹を立てるのではないだろうか。」

先日も自分で書いたじゃないか。

「すぐにキレたり、大声を出したり、暴れたり、
「何様だよ」って誰もツッコめないくらい偉そうだったり、
とにかく変なおじさんになりたくない。」


おれは変なおじさんになりたくない。
まだ間に合うはずだ。



yaretakamo03_21.jpg

先日ひょんなご縁があり、マンガではなくいわゆる文字モノの本を作っている編集者にお会いした。
色々話したんだけど、なんとその方が元々このブログの読者で、僕に会うにあたって「ブログの日記を全部読み直してきた」と言い出したのにはびっくりした。
このブログは確か2009年と2010年とかから不定期で更新していて、正直昔の記事は自分でも恥ずかしくて読み返したくない。
消したいところだけど、つまんなくて誰も読まないだろうから、あってもなくても一緒かということで残している。
それを全部読んできたと言っていたので、顔からバックドラフトが起こるくらい恥ずかしかった。

打ち合わせの最中も
「あの、僕村上春樹が好きなんですけど…」
「はい、知ってます。ブログにも書かれてましたね。」
「あと七尾旅人さんも好きで…」
「あ、そうですよね。書かれてましたね。」
「マラソンとかたまに走るんですけど…」
「そうですよね。ブログにも書かれてて…」
と言った感じでなんでも知っているのだ。

ご本人にも直接お伝えしたが、それはそれはむちゃくちゃ気持ち悪かった。

しかしまあ会話は終始盛り上がったし、僕が村上春樹ファンということで、1979年の村上春樹デビュー当時の川本三郎との対談記事が載ってる古本を持ってきてくださっていた。
あとでコピーもメールで送ってくれて、なかなか刺激的な対談記事で久々にテンションが上がってしまった。
読み返すことができないくらいつまらないブログでも残しておいてよかったといえばよかったのかもしれない。

村上春樹のラジオは聞けていない。
七尾旅人さんの新譜はよかった。
マラソンはまた走ろうかなーと思ってるけど腰が重い。体重が増えたので物理的に。

yaretakamo21_001.jpg

2018年4月以降ほぼ停止状態のブログを10ヶ月ぶりに再度動かそうと思います。

日々の戯れ言はツイッター
ちゃんと告知したいときはnoteに書いて
このブログに来る人はよほど僕に興味を持っていただいている方だろうから、本当に個人的な日記のようなものにしていきたい。

ブログを書くにあたりテーマを考えてみた。それが本記事のタイトルにもなっている。

変なおじさんにならないために

どんなおじさんになりたいかと聞かれるとパッと出てこないけど、どんなおじさんになりたくないかというと即答できる。
変なおじさんにはなりたくない。

政治的な考えが曲がってしまっていたり、
女性の気持ちが全く分からなくなって失言したり、
すぐにキレたり、大声を出したり、暴れたり、
ギャグのセンスがずれて無自覚に人を傷つけるようなことを言ったり、
「何様だよ」って誰もツッコめないくらい偉そうだったり、

とにかく変なおじさんになりたくない。
割と僕にはその危険性があるような気がしている。
ツイッターなどをしていると、たまに誰かの意見に反論したくなってしまうことがある。
実際してしまうこともあるし、そんな日の翌日はもう何があってもベットから出たくない。ってことになってしまう。
今年1月で39歳になった。まだ間に合うはずだ。
自分の発言一つ一つが「変なおじさんではあるまいか」というのを気をつけながら、自戒の念を込めて日々を綴っていこうと思う。

yaretakamo242.jpg

<<前のページ >>次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。