buzz.png


漫画「やれたかも委員会」が話題になったタイミングで、BUZZFeeDというニュースサイトにインタビューしていただきました。(もう先月の話ですけど)

インタビュー記事はこちらから読めます。

「今、やれたかも委員会が話題ですが、実は吉田さんはデビュー10年目だそうですね。この10年の出来事をできるだけ詳しく教えてください。」というなんともざっくりした質問をいただいたので、デビューからの出来事を思い出しながら、キーボードをパタパタと叩いているうちに、だんだん嫌な思い出が蘇ってきて、あれもこれもと腹が立ちはじめ、むちゃくちゃ長くなってしまい、気づけば恨みごとばかりテキストエディットに12枚、約2日間かけて書き綴ってしまいました。
「こんなこと書いたら炎上するかもな」と思いつつも、でも嘘は書いてないし、こういうこともどんどん発言していくべきなんじゃないか、と妙な正義感に煽られつつ、「やったるで」と先方にお送りしたところ、見事に恨みごとの部分をカットされておりました。
愚痴っぽいことは求められてなかったのかもしれません。すみませんでした。

というわけで、言いたいことの1/10ぐらいは記事にしていただいてると思います。
おかげさまでこの記事も拡散されて、noteの売上も上がりましたのでありがたかったです。
それにしてもインタビューっていうのは難しいですね。
言いたいことを言っても数時間経つと「本当にこれ言いたかったっけ?」となることもあったり。
またインタビューしていただける機会ができたら、今度は恨みごともいい感じに答えられるようチャレンジしたいと思います。






スイートメモリー02


2016年6月24日

スイートメモリー(短編集)」第1巻

発売!!(^-^)/


[目次]
やれたかも委員会
かっこいい縄文時代
明智蜜秀子の確定申告
向かい風のメロディ
定城 -sadajo-
おんなと話したい
ツーシーム
師走の猫
たけしになりたい
やれたかも委員会2
(作者のちょっとしたあとがき付き)

206P
324円(税込)
kindle、iBookstore、楽天koboなどの電子書籍ストアで6/24販売開始。

(一部書店ではすでに販売されております。)




今まで描いた読切漫画をまとめて短編集を作りました。
一部目次のタイトルをクリックしたら読めます。
電子書籍オンリーの特別エディションです。
と、いうと聞こえがいいですが、まあ自費出版です。
と、いうか別に自費もかかってないので、単なる電子出版です。
漫画onwebというサイトの電書バトサービスを使い電子書籍化しております。
ほとんどが再録作品ですので、なんといっても見所はあとがきです。
私のありがたいお言葉をみなさま是非300円でお買い求めください!

今後もコツコツ描きためて、2巻3巻と出したいと思います。
よろしくお願い致します。





バッチpop

缶バッチ作りました。

8/21(日)東京ビックサイトで行われるコミティア117のT16a「Comicかば」というサークルのブースで販売します。

会場は東京ビックサイト東5・6ホール。
JR「大崎」orJR・地下鉄「新木場」~りんかい線「国際展示場」下車8分
JR「新橋」~“ゆりかもめ”で約25分「国際展示場正門」下車2分
地下鉄有楽町線「豊洲」・JR「東京」八重洲南口・JR「浜松町」よりバス

img_train_01.jpg

T16aのブースはここです。
IMG_1086.jpg


缶バッチ完成!
IMG_1085.jpg

こんな感じです。

バッチは業者にお願いしたのですが、台紙は自分で作りました。

さらにさらに

私の電子書籍作品「スイートメモリー」が無料ダウンロードできるQRコードも付けました!

500円でバッチを買うと、電子書籍(PDF)もダウンロードできるというお得な商品でございます。

ぜひ買いに来てくださいね。

サインとかスケッチブックとかなんでもOKですので、お気軽にお声掛けください。

うまく描けるかは知りませんが!!!

殴ったり攻撃だけはやめてください。



オリジナル缶バッチをどうすれば人が欲しくなるかというのをあれこれと考えて、ようやく完成しました。
こういう手作り作品を作るのは初めてだったのですが、作っててものすごく楽しかったです。
最初は「こんなもん誰が買うかい!」と自分でもギャグっぽく作っていたのですが、気づけばこうするにはどうすればいいかっていうことを真剣に考え始め、少しずつ調べながら問題を解決していく過程で、エンドルフィンだかドーパミンだかが出て、最後台紙をバッチの透明なPP袋に入れながら、泣きそうになっていました。
気分がよい!


おひまならお越しくださいませ。








kaba_pr2.png
(表紙イラスト:今野涼)

8/21に東京ビックサイトで開催されるコミティア117という同人誌即売会のイベントに参加します。

Comicかばというまんがグループ(?)があるのですが、その合同誌に過去作を載せていただいてます。

日本一の寿司職人 河原町健吾の追憶

というマンガです。

本当は新しく描き下ろしたかったんですが、

どうしてもスケジュール的に難しかったのと、

「なんでノーギャラで描かなきゃならんのだ」という思いがほんのちょっとあり、

こうなりました。

あい。

しかし、以前からコミティアとかコミケとか参加したかったので、この機会に体験できるのはとても嬉しいです。

グッズとか作って配ろうかと思案中。

是非会場まで買いに来てくださいね。

場所はコミティア117 T16a

サークル名「Comicかば」

1000円だって…。



たっけ!


これが相場なのか、よく分からないですが楽しみでございます!


kaba_pr4.png






のて



noteを始めました。

noteというのは音楽や漫画やイラストを投稿できるSNSサイトのひとつなのですが、他のSNSとちょっと違う特徴的なところが、投稿したものを有料販売できるというサイトなのです。

先日24pの読切を1本完成させまして、あまりにも出来がよく、1ヶ月ぐらいかかって描いた原稿をじっと眺めていると、「タダで公開するのはなんかもったいなー」などと持ち前の貧乏根性がふつふつと湧き出し、そういえばずっとやってみたいと思っていたし、「いっちょやってみっか」、と「ドラゴンボールZ 超武闘伝」のOPの野沢雅子バリに奇声を発しつつ作ったnoteアカウントがこちらです。

吉田貴司 note

「やれたかも委員会2」という漫画を100円で販売してます。ちなみに1はこちら

しかし、自分で販売登録までやってみて思ったことはかなり「細かいところまで気を使うもんだな」ということです。
絵の濃さとか、見え方とかかなり試行錯誤しました。
商業誌に載るときは、誤字や脱字があっても、校正してくれる人がいるので、そこまで気を使わないのですが、自分の手で、自分で値段設定をして、人からお金をもらうとなると、たとえば誤字などのミスがあったら「つまらん漫画買わされた上に誤字って、どないなっとんじゃゴラ!」などとお客さんから100%正論のクレームをつけかねられません。

いやいや、漫画つまんなくねーし。ちょーおもしれーし。

ま、そういうわけで、色々気を使ってデータを作りましたので、100円で販売しておりますので、誤字がないかだけでも確認してもらえればと思います。

しかしこのnoteというサイトは「閲覧権を売る」というサイトで別にダウンロードできるわけじゃないんですよね。
データを所有する喜びって結構僕はあるんですが、世の中的にはどうなんでしょう。
ダウンロードできる販売サイトもそのうち挑戦したいと思います。








<<前のページ >>次のページ