うぃき




ニコ生の視聴者の方にWikipediaのページを作っていただきました。。。

Wikipedia 吉田貴司

色々間違いがある上に、人物の欄。しれっと真顔で変態人物みたいな記載になっちゃってますが、この際いいです。
憧れのWikipedia。
ありがとうございました。

あと「シェアボディ」ではなく、「シェアバディ」です。

よろしくお願いいたします!


追記(2015/10/09)
心優しい親切な方に正しい情報に描き直してもらいました。
Nunonさん、ありがとうございました。





image1 のコピー

というわけで9/4現在、私はマンガを描いております。
16Pの読切ギャグ漫画。
大体60%完成した所であります。

面白いと思うんだけど。

毎日マンガを描いているとやはりなかなか気分がよろしいです。
原作者としてやっていくともう心に決めて、原稿なんか描かない方がいいんじゃないかと思わなくもないですが、「完成原稿」だったら今の時代、電子書籍などで「商品化」することが可能なのに比べ、「ネーム」はあくまでネーム(下書き、絵コンテ)であり、それをそのまま売り物にすることはできないわけで、そこらへんを考えると、「原作者」というのはなんとも頼りない存在だなあと思ってしまうのです。

漫画を描いてそれを売って生活すべきか、原作業に専念すべきか、みたいなことをいっちょ前に悩んでいたのですが、先日、音楽をやっている友人にそういう話をしたところ、驚いたことにそういう悩み自体をうらやましがられ、彼曰く、漫画業界というものはやはり(音楽業界と比べ)まだ裾野が広く、漫画家、漫画原作者、作画家、いろんな漫画に携われる仕事があるので、べつに今、こうなるべき、というのを決めなくてもいいのではないか。というアドバイスを受けた。

妙に腑に落ちた。

ありがたいアドバイスであります。





image1_20150904221902164.jpeg


随分更新をさぼってしまったけれども製作日記みたいなものを残しておきたいと思います。

結局9/28(月)からスピリッツで始まるシェアバディという新連載。
8月までに出来たネームは27本でした。
総ページ数は511ページ。

去年の年末から8ヶ月で511ページだから1ヶ月だいたい65枚。
1話18Pだから、1ヶ月3.5話のネームを描くことが出来たことになります。
非常によく頑張りましたよ。僕にしては。
511ページは大体単行本3冊分に当たります。
連載開始前にここまで描き溜める人はなかなかいないのではないかと思いますが、初めての週刊連載。警戒しておいて損はないと思います。
どうなるんだろうか。
ここへきて既に単行本1冊分原稿料前借りしているという驚きの事実!!
もう売れるしかなくなってきました。。。

一段落ついた27話まで描き終わったので、現在は一旦ネーム作業を中断して、原稿を描いております。
こちらは当ブログで発表しようと思っている金にならない原稿であります。

その他には作画担当の高良さんから上がってきた完成原稿のゲラなどをチェックしたりしています。
その原稿がすばらしく、すごく嬉しい反面、自分の絵と比較すると、明らかにレベルの差を感じてしまい、「こりゃオレの絵でこの先いくら頑張っても難しいんじゃないか。もう原作者として方向転換して頑張った方がいいんじゃね?」という気持ちに駆られたりしております。

吉田貴司
35歳
人生迷い道でございます。






sbd2201.jpg

24話までネームが出来た。
18日間で4本。
いいペースで描けました。

アップした絵は22話の扉です。

第22話「ダンサーインザダーク」

いやー、いいサブタイトルですね。
ほれぼれしますね。
まあ誌面では変わってるかも知れないですが。
絵は思いっきりかっこいいと思い込んで描いているので若干恥ずかしいですね。
でも思い込むって大事じゃないですか?
思い込まないなんて大事じゃなくないですか?

今ちょっくら調べたところ、予定通り連載が始まり、この22話まで続いていたとしたら、22話が公開されるのは2016年2月22日のようです。
来年です。
来年の私は何をしているのでしょうか。
おそろしや。

現在描き溜め報告をしているこのネームですが、おそらく後2話ほどで一段落つく予定。
26話までとりあえず描くことにしております。

連載がそこまで続くかどうかは人気次第なので、保証は全くないのですが、まあ終わったら終わったで仕方ありません。
死して屍、わんわんお。
と昔から言うではありませんか。
その時はわんわんに任せるしかありません。

再来週くらいにようやく情報解禁されるそうです。
長かったなー。









IMG_6911.jpg

新連載用のネーム。
20話まで完成。

6月中に4本という目標でしたが、2日遅れでなんとか達成致しました。
よかったよかった。

最近はまとめて描いて、まとめて読み返し、こまめに描き直しながら進んでいる。
そうするとやはり明らかに流れがおかしかったり、キャラが変わっていたりするところがある。
あぶないあぶない。
ということで、ひたすら直している。

今まではネームを直すとき、「前の方がよかったんじゃないか」となったらやだなあ、と思う気持ちが強く、結構消しゴムをかけるのを躊躇することもあったのですが、最近はためらわず、消すようにしている。
ガンガン直している。
前の方がよかったのであれば、また直せばいいのである。
なぜならば世に出た後は直せないのだから。
ですから世に出るまでにとことん直すということが、大事なのではあるまいか。ラフメイカー。(バンプ)
ま、というのもこないだ読んだ本にそう書いてあっただけなんですけど。




<<前のページ >>次のページ