原稿6.5枚
残り7.5枚

遅々として原稿が進まない。
ずっと描いているはずなのに進まない。

非常に描き直しが多い。
とにかく原稿のクオリティを上げることが今回の目標なので、
かなり神経質になっている。

神経質になればなるほど、今までどれだけ神経使っていなかったかがわかる。

そら売れんわな。と思う。
なんてだらしない。
陰毛だらけの部屋に友達を呼んでいたようなもんである。

かといって神経使った今回が売れるってわけではないのだけれど、
少なくとも自分にとっては前より少しはマシな原稿になることは間違いありません。

売れている人はちゃんとそういう事をして売れてるんだなあと思う。


友達がいっぱい来る人の部屋はちゃんと陰毛を掃除機で吸っているのだ。

なおかつ水拭きなどもして、

その上、多分アロマとか焚きながら、

もちろん洗い物なんかもちゃんと片付け、

ビシッとした上で、

しかしながら、

来客者があまり堅くならないように、

雑誌(Pen)を床に何冊かわざと乱雑風に

置いたりしているのだ。



評価されるべき人はちゃんと評価されるべくして
評価されている気がする。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yoshidatakashi.blog54.fc2.com/tb.php/570-8cc48773