上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新作ネームができた。

今年12回目の提出。

かなり久々にストーリー漫画である。(多分)
33P。
タイトルは「ラストオーダー信用金庫」

どうだ!このタイトルセンス!

30P以上ある話を描いたのは
あらゆる賞に落ちまくっている「テレビの精」以来、
実に3年ぶりではなかろうか。
その間はショートギャグとか、一発ネタばっかりだった。

描き終わった直後だからだと思うけど、とっても満足している。
2週間ぐらい前から悩み始め、3、4日うんうんと苦しみ、
おんどりゃーと吐き出し、その後、一回直した。
まだ誰にも見せていないので、なんとも言えないが、
逆に言うと今なら自由に言えるのだけれど、
とっても面白い。
僕の大好きな半ファンタジー漫画である。

しかしながら、これはとても雑誌に掲載して商品に出来るものではない気もする。
あんまりウケる気がしない。(自信のあるネームほどウケない傾向がある。)
無視されそうだ。
運が悪ければ怒られそうだ。
読者を意識して描くように良く言われるので、
僕もいつもそのように心がけているのですが、
(まあ、それでもうまくいかないんですが)
今回はそういった心がけをせずに、完全自分自身のためにネームが描けた。

それにしてもなんだろうかこのとてつもない充実感は。
心の中の土壌にガガっと鍬を入れて、
ゴリゴリっとちゃんと赤い土のところまで削った!という手応えがある。
(わかりにくい!)

正直、俺はもうダメだと思っていたが、
自分自身の為に描けるものがまだあることがとてもうれしい。
やればできるじゃんという気持ちである。
描けるものがあることはとても幸せである。
何を描いていいのか分からない時が一番つらい。



と疲労感と達成感をともない、編集者の方に電話をしたら
バビるくらい泥酔していた。
iphoneのスピーカーから流れてくる
とあることで知り合いになったその某大手出版社の方の
バブル期の香りがほんのりと漂うそのテンションに
なんとも言えない気分になった。
「馬鹿か!俺は!おれの漫画なんか誰も読むわけないだろ。」という気分になった。
っていうかそのお方、明日からバカンスらしい。
台湾に行くのだそうだ。(100%プライベート(推測))
しかも14日間。(休み過ぎだろ)
「ネーム面白かったら飛行機で帰って来ちゃうから!
送っといて!」

し〜ん。

酒で絡むのは好きだが、絡まれるとこんなにうっとおしいとは。
我が身を振り返り、世界中に謝りたい気分である。

結果待ち。

前送ったやつは通った。(これはゼノン用)
これで3話出た。
決まんねーかなー。
こちらのタイトルは再度再考。
もう何がいいんだかわからない。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yoshidatakashi.blog54.fc2.com/tb.php/545-e78c69b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。