原稿できた。

あと一本。

バテてきた。

ひとまずとりあえず。

何かプリントアウトがあんまりうまくいってない気がするのが
ずっと微妙に引っかかっている。


吉行淳之介「夕暮にて」読了。
絶対に挿入させてくれないけど、
その他はプロフェッショナルに色々してくれる若い処女と付き合う中年男の話。
夢のような、めんどくさそうな、
このあらすじだけでも面白そうですが、
男女の話なんだけど直接的な性表現はそんなに多くなく、
だからこそ想像してしまう感じがとても面白かった。
次は「鬱の一年」というエッセイ集を読む予定。













スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yoshidatakashi.blog54.fc2.com/tb.php/518-a3e887d5