大阪から母親がやってきた。

1時に東京駅に着くというから迎えに行ったら、
1時に新幹線に乗るからつくのは3時半だと言われる。
最近こんなんばっかだ。ボケ始めている。

仕方ないので東京駅で2時間半時間をつぶすことに。

まずは駅の中にある定食屋に入り、カツ鍋定食なるものを頼む。
とんかつがダシの上に浮かんでいてアツアツの鍋に入って出てきた。
ふと気づくと隣の席のおじいちゃんもカツ鍋定食。
その隣のおばさんもカツ鍋定食だった。
その隣もカツ鍋定食。みんな一人で来ていて、
4人並んでそれぞれカツ鍋定食を食べるという画が何とも気恥ずかしくなる。
東京駅地下という場所柄、お一人様が多いのかもしれない。

みんな頼むだけあって、味はとてもおいしかったんだけれど、
隣のおじいちゃんのカツ鍋定食を見たら全然食べれてなかった。
カツもご飯も丸々残していて、ひたすら昼間から日本酒を煽っていた。

おじいちゃん。。。
自分の胃を過信しすぎ!!!!!!!

まあよいよい。


東京駅はすごい人だった。








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yoshidatakashi.blog54.fc2.com/tb.php/507-11225836