上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木下恵介監督「陸軍」鑑賞。
全然見る気がなかったけど、見てよかった。
陸軍というタイトルから戦争シーンがあるのかと身構えていたら、
全然なかった。

大部分は明治から日清、日露、大東亜戦争に突入する時代の家族の風景で
それがなんともよかった。
親子関係とか、軍で鍛えられたような人の身のこなし方とか
電化製品のない居間とか、車のない広い道、ビルのない街並みが
見てるだけで、憧れてしまう。
つーかなんか考え方が理に適ってるんだよな。

それだけにラストの出兵シーンはかなり長いんだけど、よかった。

時代に憧れてしまったので、ちょっと当時の悪い部分も思いついておかないといけない気がする。
そうだな、うーんと。
たぶんごはんかっちかちの日もあったはず。


4Pネームは失敗した。
しばらくネットが怖い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yoshidatakashi.blog54.fc2.com/tb.php/497-6d27f7fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。