昨日の夢にさだまさしさんが出てきました。

僕は昔住んでいた実家の団地で夜、父親とテレビを見ていると、
チャイムがなり、玄関に行くとベージュのロングコートを着た
さだまさしさんが立っていました。

「今晩一晩泊めてくれませんか?」と言われて、
僕と親父は戸惑うものの、仕方ないから泊めてあげることにしました。

「何でウチにきたんですか?」と聞くと、
「この団地で電気がついているのがここだけだったから、起きてると思って・・」とおっしゃられました。


一晩明けて、次の日の早朝、
なにやら玄関がさわがしいので行ってみると、
紫のバラの花束をいくつもさださんが運び出そうとしています。

「このバラどうするんですか?」とたずねると、さださんは

「友達の82歳のおばあちゃんがこのあたりに住んでいて、
誕生日だから持ってきたんです。」と
おっしゃられました。

僕は「この人、プライベートもこんな感じかぁー。」と思ったところで目が覚めました。


いやー、すごいいい人でした。


でも、昨日、「24時間テレビ」でやっていた美談特集みたいなものと
そのウラでやっていたさだまさしの番組をちょっとずつ見たので、
それが原因かと思われます。
スポンサーサイト