「おれたちのJ」というタイトルの漫画です。

ニコニコ静画にもアップしてみました。コメントとか入れれるよ。
ニコニコ静画 こちらから
jmond01.jpg

jmond02.jpg

↓つづきはここからお願いします。
jmond03.jpg

jmond04.jpg

jmond05.jpg

jmond06_20130221160518.jpg


jmond07.jpg

jmond08.jpg

jmond09.jpg

jmond10.jpg

jmond11.jpg

jmond12.jpg

jmond13.jpg

jmond14.jpg

jmond15.jpg

jmond16.jpg

jmond17.jpg

jmond18.jpg

jmond19.jpg

jmond20.jpg

jmond21.jpg

jmond22.jpg

jmond23.jpg

jmond24.jpg

「おれたちのJ」おわり
スポンサーサイト

コメント

縄文時代とタイムマシン、バーとか妙に現代っぽい会話とか、ミスマッチ感がたっぷりで面白かったです。
キャラクターも面白いし、シュールな感じで良いと思います。
ありがとうございます。次はもっと違う感じのやつ描いてみます。
最高です!
ここだけの話。この漫画載ることになりましたよ。夏頃。また近づいたら詳細お知らせしますね。2年ぶりの掲載だー。マンモスうrp
今日、Twitterでお返事を頂いた者です。(とっても嬉しかったです、ありがとうございました)
今回も最初の数コマでグッッッと作品の世界に引き込まれました。
吉田さんの作品は、どれも面白いけど、どこか哀愁が漂っていて、浮遊感というか、トリップ感を体験できます。
絵も本当に大好きです。
自分は、特別漫画が好きというわけではなく、(普通にワンピースとか読むただの20歳)何の知識もないのですが、吉田さんの漫画からは、異様な魅力を感じます。これは言われて嬉しいと感じて下さるかは分かりませんが、「本当は万人受けする」内容なんじゃないかと思います。ここで言う万人受けとは、「誰もが共通して感じとれる」と言った感じ。うまく言えませんが。。個人的にも友達や兄弟にフィンランドサガを勧めてみたんですが、みんな口を揃えて「面白すぎる!」と言ってくれました。そして「笑えるだけじゃない、考えさせられる」みたいなことを言ってました。(笑い以外を吉田さんが意図されてたかは分かりませんが・・・)

あと、だいぶ前から、僕はしょっちゅうAmazonで「吉田貴司」で検索して、新作発表されんかなーとチェックしまくってました。
でもずっとフィンランドサガしか出ませんでした。
で、なぜかこの間Twitterとブログを発見し、拝見させて頂きました。
とても楽しませて頂いたし、最高だったんですが、一つだけ気になることが。それは、

「もしかして、吉田貴司さんは、それほど売れていない(知名度が高くない)の?!」
ということ。
これは本当にびっくりしました。
僕は最初は、書店で「世界初?サウナ漫画!」みたいな帯に惹かれて買ったんですが(僕の趣味がサウナに行くことだったので。表紙だけではギャグ漫画だと思いませんでした・笑)、確かにそれまで失礼ながら存じ上げませんでした。

僕が好きな最近の漫画で、ギャグ要素のあるものは、榎屋克優さんの「日々ロック」、原克玄さんの「るみちゃんの事象」などなのですが、この二つは今、結構有名で、人気があると思います。
でも、正直吉田さんの作品には勝てないと思ってます。
吉田さんの以前の記事で、「フィンランドサガは全然人気がなかった」
と仰っていましたが、それが信じられません。
恐らく、吉田さんの作品は、一話一話読むより、単行本などで一気に読んだ方が格段にパワーアップするというか、徐々に謎が解けて、鳥肌が立つというか。素人なので合ってるかわかりませんが、使われている手法も独自的で、絶対的存在の漫画家さんだと思います。

吉田さんの作品への愛が強くて、また長文になってしまいましたが、これからも頑張れとは言いませんが、そのスタイルをあまり変えずに、勝負していってほしいと思います。
僕もこれから新しい友達が出来る度に、吉田さんの作品を紹介していこうと思います。
ほんとうに長文になりましたが、万が一、最後まで読んでくださったとしたら、心より感謝致します。
最後になりますが、これはただの吉田さんの一ファンのつぶやきですので、特別お返事頂かなくても結構です。むしろ軽く受け流してやって下さい〜
(途中、あまり知名度が無いのでは、などとほざいて、すみませんでした。でも、みんなまだ知らないだけで、絶対に面白いと確信しております!読んだか、まだ読んでないか、それだけです)
それでは、ありがとうございました!失礼します!

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://yoshidatakashi.blog54.fc2.com/tb.php/442-2a0fdd36