上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとこさ原稿ができた。
この原稿をどうするかはさておき。
まあできてよかった。いや~できるとは思わなかったよね。
いやいや、途中どうなるかと思ったけれども。
できるもんだね。うん。
なかなか捨てたもんじゃないじゃないか。
うん。


さて・・・
燃やすか。(大嘘)



私のばやい、
ネーム描いてるときが最もテンションが高く、
原稿にしながらそのテンションが上がったり下がったりして、
原稿が完成して、
完成原稿に鉛筆で文字を入れてるときに、
とてつもなく気分が急降下します。


「なにこれ?誰?これ描いたの?」って気分になることが多い。



で、何とかマシにならんもんかねとネームをいじったりすると
よけいわけがわからなくなって、あんまりいい方向に転んだことはない。



他の漫画を描いてる人はどうなんでしょうか?
自分の漫画を何回読んでも面白いと思ってるのだろうか。




と、結構昔から思っていて、
あるときとある編集者の方に、
「漫画家っていうのはあれですかね?
ネームを何回も読み直しているうちに
面白いのかどうかわかんなくなったりすることはないんですかねー?
自分では何回も何回も読んで、
何回も何回も書き直すわけですから、
わけわかんなくなったりしないんですかねー?
どうなんですかねー?」
と、聞いたところ、
そのとある編集さんは・・・・



































「そんなの知らねぇ」と答えてくれました。






















まあ、でもそうだと思う。





















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。