わたくしは普段ニット帽をかぶって行動しているのですが、
こないだ出かけようとしたら、それが見つからなくて、
「ねぇ!ねぇよぉ!ちくしょう!」と15分くらい家の中をうろちょろ探し回っていたら、
その前日に「いつもなくなるからここに置くことに決めよう」と決めたところにあった。

と、こんな具合に最近の僕はものすごく忘れっぽく、
日に日にそれが増してきているような気がする。

1個前に書いたブログに
「今回のモーニングツーに載った分で、連載から1年経ったんですよ。
一周年。頑張って一周年半を目指します。」ということを書こうと思ってたのに忘れたし、

「ちびまる子ちゃんのDVDもよかったわー」というのも書こうと思って忘れてた。
(どちらもどっちでもいいこどですけどー)

多分忘れてることすら気づかないうちに忘れてることもあるんだろうなと思うと少しゾッとしますが、
「忘れることは脳みそにもいいことだ」みたいなニュアンスの事を
何かの本に書いていたような気がするので、
ひとまずは深く考えないようにしています。


しかし、この物忘れの原因としては間違いなく「ネーム作業」にあると思うのです、わたくし。
ネームを考えてると「あーでもない、こーでもない」と四六時中そのことを考えてしまっていて、
ふと気づくと、電子レンジの中に冷めちゃったコーヒーをみつけたり、
チャリでコンビニに行って、歩いて帰ってきたりしてしまっているわけです。
こないだはバスに乗るときに「ピッ」ってするのを忘れて、
運転手さんに腕を「ガッ!」っと掴まれ「お金」と言われた。めちゃビビった。(そっと教えて欲しい)


漫画を描いてなかった「バイト時代」は、こんなことは全然なくて、
むしろ「しっかりした側の人間」だったと思う。
遅刻もしないし(ほとんど)、比較的物覚えもよかった。

いや、ウソです。物覚えは悪かったな、すごく。


いま、バイト生活に戻るとなるとどうなってしまうのか?
ものすごく「使えない奴」扱いをされてしまうことは必至であります。
あー、こわいこわい。



あー、こわい。



でも、バイトや仕事しながら漫画描いてる人や、音楽作ってる人や、
勉強してる人はたくさんいるので、
そう、考えると軟弱なことばかりも言ってられないという気分になります。


というわけで、色々忘れないようにがんばります。


おわり。






スポンサーサイト