FC2ブログ
yaretakamo03_1.jpg


やれたかも委員会3巻が発売されたので、各話のこぼれ話などを書いてみようと思う。かっこよく言うとセルフライナーノーツ。


case017 今夜ねぎ焼きが冷めるまで

「女の子の家に行く。」というのは男の立場から考えると、「なにかあるのでは…」などと考えて舞い上がってしまいがちだけど、いろんな人の話を聞いてると、別に気を許した相手ならそこまで気負わず家に入れてくれる女の子もいるらしい。確かにそうかもしれないと思う。
このような一つの事象から男女で全く異なるイメージが浮かんでしまう時、悲劇が起こるのかもしれない。
悲劇には会いたくない。
またこの回では大学の資料写真が欲しくて、以前知り合った大学生に連絡し、大学内を色々案内してもらいながら、写真を撮らせてもらったのでとても助かった。ありがとうございます。
また同じ理由で女の子の部屋の写真も欲しかったので色々当たってみたが、それは各所見事に断られた。
やはりなかなか入れてくれるものではないらしい。
女の子の友達は大切にした方が良い。

picture_pc_66b03629807cb794daef5031bde56a4e.jpg



case018 Q.E.D.愛を証明する男

恋愛工学というものがこの世にはあるらしい。
女の子とセックスする方法を体系的な学問として学んでいこうという真面目なんだか不真面目なんだかよくわからない学問である。
このエピソードを送ってくださったのは恋愛工学生(と呼ばれるらしい)の方だった。
僕はお会いするまで恋愛工学というものに対して、正直いい思いを抱いていなかった。
品がない気がするし(お前が言うなだけど)、薄っぺらい感じがする。などと言いつつ、その裏には単純にセックスできていることに対して羨ましさと妬ましさがあった。
しかしお会いしてみると考えはずいぶん変わった。
恋愛工学生というよりも僕がお会いした彼はということになるけど、人生観や女性観に関して自分と似たような感覚を持っていて、同じように女性への羨望と苦手意識に少なからず悩んでいるように見えた。だんだん話しているうちにそれを克服しようとするか、受け入れようとするか、というリアクションの違いに過ぎないような気さえしてきた。
ネットの情報は象徴化されてグループ化されて、すぐ苦手になりがちだけど、会ってみないとやはりわからないことがすごくある。
忘れられない話をたくさんして、とても勉強になった。
作中に「エレカシの宮本さん」というフレーズが連呼されるが、肖像権の問題を気にして一応レコード会社にご連絡したところ、快く許諾してくれた。
改めて感謝申し上げます。

picture_pc_914315e69b34cb6d38d5af3b7e7c2050.jpg



case019 大人になれば
3巻では女性編をたくさん描こうと思っていた。
男の妄想を描くのは得意だけど、そればっかりやっているわけにもいかない。
出来るだけ女性的な感覚を理解してみようという試みです。
作画的には「ブランドショップが経営するレストラン」を描くために1人で銀座まで行って写真を撮ってきた。
この世にそんなものがあるとはこのエピソードを読むまで知らなかった。知らないことばかりだ。
平日よく晴れた4月の午後、ピカピカのエレベーターに乗って、ふかふかの椅子に座り、7000円のランチを食べた。
領収書はブランド名が刻印されたポケットに入れると太ももに刺さるんじゃないかというくらいパキッとした厚紙の封筒に入れてくれた。
その取材の効果、出てますでしょうか。。。
ホテル街の写真もいっぱい撮った。
しばらくホテル街には困らなそうだ。

picture_pc_4feae267af3831ae8b8ac9950d7fc885.jpg



case020 誰そ彼時のヴィクトリア湾
女性編第2弾。女性を知りたいのだ。
お話的にはうまく表現できたと思いますがいかがでしょうか。
90年代の香港は歴史的にもエキサイティングな時代だったらしい。ということをエピソードを送ってくれた方と香港料理を食べながら色々お話した。
今はなき旧香港空港(啓徳空港)は市街地の近くにあるからビルすれすれに飛行機が離着陸しなければならず、それは香港アプローチと呼ばれて名物になっていた。
など、当時の香港あるあるも入れてみました。
漫画公開当時Twitterでそこに反応してくれた90年代香港ファンの方がおられて、とても嬉しかった。
その空港自体おそらく40年代に軍事的に作られたもので、戦争が終わって、そこから少しずつ平和になっていって97年の返還まで、不安定で猥雑で乱暴で、でも信じられないくらい人に勢いがあった時代、というのは正直憧れてしまう。今でいうとどこの国に行けば体験できるんだろう。
当時の香港の写真をたくさんお借りして背景を作画した。(描いたのは僕のスタッフですが。。。)
原稿が完成して、そのエピソードを送ってくれた方に見てもらったとき、「そうそうこんな感じ」と言っていただけて嬉しかった。
女の子をひたすらエロく描いたので怒られるかと思ったけど、「いやらしい感じで見られたことがないのでうれしい」と言っていただいた。
女性ってわからない。

picture_pc_780ca6faead172c5551dc016f435be72.jpg



case021 幼なじみのキツネくん
実はもう1本女性編を入れる予定だったんだけど、うまくネームをまとめられず断念してしまった。
村上春樹が好きな男とオールナイト映画を見て回る女の子の話。
すごくいい話なので、どこかで再度チャレンジしたい。
それに変わって描いたのがこのキツネくんである。
これは最後の「この子休ませてあげてくれる?」という一言がすべてである。
なんと優しくて非情で、完璧な断り文句だろう。
そのオチが一番引き立つように組み立てたかったんですが、ちょっとごちゃごちゃしてしまっただろうか。
精進します。
僕にも20代の頃、夜中に訳も分からず女の子に呼び出されて、よくわからずドライブしたことがある。
夜中にアパートの隣のおじさんに急にアルバイトを頼まれたことはないけれど、よく分からないおじさんによくわからないまま助けられた不思議な思い出がある。(よく分からず騙されたこともたくさんある。)
僕は今39歳で20代の漫画を描いている人をみると無性に助けたくなってしまうことがある。2000円くらいならあげたくなってしまう。
あのおじさんもそんな気分だったのかな。と考えたりもする。
そんな謎の記憶を若者に植え付けるおじさんになれたらちょっと素敵かもしれない。

picture_pc_35d5aa9308ce89a88dd36fb19d7c688b.jpg



case022 甘え上手の君でいて
初めての前後編になったお話です。
描いてるうちにどんどん長くなって、出来上がったら50Pだった。
女の子と2人で個室居酒屋で出汁巻食べて、カラオケ行くのは楽しいでしょうね。
描いていた当時、僕の友人が女の子に振られて、その友人が別の女の子になぜ振られたのか恋愛相談したところ、「好きってのを相手に見せちゃダメですよ。その気持ちは一番最後にとっておかないと、だからその子は冷めちゃったんじゃないですか。」と言われたらしい。
そんなのむちゃくちゃじゃないか。
この回の月満子さんの言葉はそんなところから来ている気がする。

picture_pc_f58cc570f469871d558cbb10249778ae.jpg



case023 優男たちのララバイ
3巻のラストを飾るにはこの話しかないと思っていた。
大ネタです。
case019とcase020の女性編では極力女の人の気持ちを描いてみようと思い、最後は逆に極限まで男の主観に振り切ろうと思った。
そうすることによって1冊を通して、男女の愚かさの性質の違いみたいなものが出ればいいなと思いましたが、いかがでしょうか。
女性編は公開時の評判がすごく良くて、共感したという感想も多かったし、はてなブックマークもとても盛り上がっていた。
逆にこのcase023はほぼ男性からの「黒歴史が蘇った」「吐きそう」「うわああ」という感想で、女性からの感想はそこまで見られなかった。共感はほぼなく、当然「気持ち悪い」という意見も見られた。はてブもさっぱり盛り上がらなかった。
それでいいと思う。
はてブがどうした。
おれははてブで盛り上がるために漫画を描いているわけではないのだ。
僕は基本的な人間観として人は気持ち悪いものだと思っている。
特に若い頃は不安定で誰の気持ちも分からず、頭が悪く、自制が効かず、気持ち悪いのだ。
それが色々な経験を経て、他人の社会生活を壊さない程度の常識をなんとか身に付けるのだ。
この「なんとか身につけている」という感覚が、大切だと思う。
それってとてもすごいことなのだ。
それに比べるとツイッターやはてブで正しそうなことを言うなんてことは大したことじゃない。おっさんになればある程度誰だってできることだ。
話が逸れました。思い描いていた通り描けたつもりだけど、いかがでしょうか。
気に入っていただけましたら幸いです。

picture_pc_810876d4568d1512724e883823e1bbc4.jpg



特別編「犠星塾」
3巻の描き下ろしで14P描いた。
でもこのネーム自体はやれたかも委員会の第1話を描いた4年前くらいからあって、今こうして本に収録できたことは非常に感慨深いです。
各巻に1つは自分の話を載せようと思っていて、ここで語られるやれたかもの話は僕の体験談です。
しょぼー。

picture_pc_aa9a8b680ec129c27eb31cf3be0ec4b3.jpg



以上、いかがでしたでしょうか。
単行本楽しんでいただけましたらそれに勝る喜びはありません。
4巻も出す予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。


↓電子書籍版


↓紙書籍版(作家こだまさんとの対談が付いてます。3段組10Pの特大ボリュームです。)


↓iOSアプリでは1巻無料2巻以降は240円でお買い得です。
00_2019021616443668a.png






スポンサーサイト
boshuu5_20171128225303394.jpg


こんにちは。吉田貴司です。
「やれたかも委員会」という漫画をcakesnotePixvFANBOXマンガonウェブという媒体で発表しています。
単行本第1巻絶賛発売中です。
現在、2巻分のネーム(下書きみたいなもの)は全て描き終え、今はそれを原稿にしている真っ最中です。
2巻はおそらく2018年の1月か2月に発売できるかと思います。(めちゃくちゃ面白くなる予定です。お楽しみに。)
また決まりましたら改めてお知らせします。

この度続編(第3巻)執筆のため新たにやれたかもエピソードを募集します。
あの時「もしかしてやれていたのではないか」というエピソードをメールでお送りください。
送っていただいたすべての方に2巻収録分の第9話から最新話14話のpdfを差し上げます。

これまで皆さんから送られてきた「やれたかもエピソード」を読んできて、それらの一部を漫画にしてきたのですが、「やれたかもしれないエピソード」にはさらに深い部分があるのではないかと予感しています。
「やれたかも」とは一体なんなのか。
皆様からさらに多くのエピソードを募り、その本質に少しでも近づくような作品が描いて発表できればと思っています。
何卒よろしくお願いいたします。


↓↓詳しい要項はこちらです↓↓
あなたが今まで経験した「やれてたかもしれない体験」を教えてください。 (成功体験は、聞きたくないので送らないでください。)
あなたの性別、当時の年齢、職業、どこで出会い、相手の第一印象はどうだったか、などを含め、「こういう事があった」という体験、そして「やれたかもと思った根拠」など、できるかぎり具体的に書いてお送りください。
文体や形式は自由です。
あの時あのアプローチはなんだったんだろうという、謎をそのままお送りいただくのでも構いません。
※お送りいただいた内容は作品執筆以外の用途には使用しません。
※作品執筆に採用させていただく場合は改めてご連絡いたします。
※作品は今後書籍化、電子書籍化される予定です。
<応募方法>
下記メールアドレスよりお送りください。
私から直接ご返信いたします。
yoshida.takashig@gmail.com
※掲載時、ペンネームやツイッターなどのID掲載をご希望の方はお知らせください。 「取材協力」として明記させていただきます。もちろん匿名でも構いません。
お送りいただいた全ての方に、もれなく「やれたかも委員会」の2巻収録分の第9話から最新話14話のPDFデータを差し上げます。
<募集期間>
2018年6月30日(土)23:59まで。 (さらに募集期間延長しました。)
たくさんのご応募お待ちしております!


yare02cover600_2018031515480928e.jpg

やれたかも委員会2巻が出たので各話のこぼれ話などを描いてみようかと思います。
セルフライナーノーツ。

case009 2人だけのガンダーラ
2巻の始めはインド編。
僕は20歳ぐらいの頃バックパッカーの真似事のようなことをしていた時期があり、二週間ほどインド一人旅もしたことがあって、ずっとそのことを漫画に描きたいと思っていたのですが、今回ようやくそれが叶いました。
というわけでまあ実話が混ざった話です。
当時は旅費のほどんどをだまし取られたし、インドがむちゃくちゃ嫌いになりましたが、もう15年以上前の話なので今行くと好きになれるかもしれません。
yaretakamo02_013.jpg



case10 ウルトラソウルと真夏の夜の夢
投稿してもらったエピソードを読んだ時に「こんなことがあるのか?」と声に出して驚きました。
しかし描いて発表した後に「似たような体験が僕にもあります」という意見ももらったので、世界のどこかで人知れずこのようなことが起こっているのかもしれません。
世の中捨てたもんじゃないですね。
yaretakamo02_033.jpg



case011 映画友達になってよ
ある女性との思い出が男性のその後の趣味さえ決定してしまうというのがとてもいいと思ったので、採用させていただきました。
20代の時ってなんだか付き合ってもいない女の子と定期的にドライブしたりすることってあったような気がします。
すごく時間がたくさんあって、口説き方もわからないし、どうしたらいいのかわからず、「また今度会った時にしよう」と思ったりしているうちに、携帯を変えたりして、気づけば連絡がとれなくなったりして。
そういうのロングレンジの男女の関係が描ければいいなと思いましたがどうでしょうか。
yaretakamo02_068.jpg



case012 告白しちゃう問題
この話はいい話ですね。ものすごく共感します。
どうすればいいかわからず、「うわおえあえうえおjふぉあjうぃおあいおー!!!!」となって
「好きです。」と言ってしまう。
僕にもあった気がします。
サブタイトルは「口説けない病(やまい)」とどっちがいいか悩みましたが、なんか変な伝染病みたいでヤバそうなので、「告白しちゃう問題」になりました。
極めて正解だったと思います。
yaretakamo02_091.jpg



case013 鋼鉄のガールフレンド
このお話も好きです。
これはメールではなく実際お会いしてお話を伺いました。
お話を伺ってる時点でラストの「塚田、星崎」と畳み掛けるラインが浮かんで、これは描けそうだぞ。と思いました。
寮のお風呂のシーンも気に入っています。
サブタイトルはセガサターンのエヴァンゲリオンの名作ソフトからお借りしました。
頭がエヴァンゲリオンで一色だった時期によくやっていたゲームです。
yaretakamo02_127.jpg



case014 リードできる人材
ホテルに行くもコンドームがないというのは「トイレでウンコをしたあとに紙がない」と同じぐらい割とベタなお話だと思うのですが、そういうお馴染みの話でも、見せ方や演出を工夫すると面白く描けるのではないか、と挑戦してみたお話です。
どうでしょうか。
yaretakamo02_150.jpg



case015 大阪LOVER
これはとてもお気に入りのお話です。
エピソードを投稿してくれた方の文体がとても美しく、ほぼそのまま描かせていただいています。
作画の際に東村アキコさんの「超速!!漫画ポーズ集」という本を買って、人物はかなりトレースを使っているので、人体の描き方に乱れがなくて、そこも物語を邪魔しないように描けた気がします。
紙書籍の表紙にも採用された太陽の塔をバックにバイクに乗っているシーンはスタッフOさんが描いてくれました。
最初もう少し違う構図でトレースしてもらっていたのですが、やっぱ違うと思って描き起こし直してもらいました。
直してよかったと思います。
何回読んでもいい話です。(自画自賛)
yaretakamo02_177.jpg



case016 完全個室隠れ家レストラン
2巻のラストはかなり前からこのcase015とcase016の2つにしようと決めていてこれ以上にないぐらい予定通りに運びました。
cakes公開時にはてなブックマークが久々に盛り上がり、様々な意見が出てましたが、僕が個人的に一番気に入った感想は「くっそみたいな女だな」と吐き捨てるように書かれた書き込みでした。
いや、それもわかるけども!
こういう女の人ってより魅力的に映ったりしますよね。
いやはや女性というのはわからないものです。
yaretakamo02_217.jpg



特別編 多動力の男
実業家堀江貴文さんのお話を元に漫画化しました。
堀江さんはクラウドファンディングに出資していただいたことをきっかけに、イベントに呼んでいただき、そこでお話を伺いました。
ちょうどその頃AbemaTVのドラマの話を詰めている時期で、Abemaさんから「ドラマオリジナルの話も欲しい」と言われて、じゃあこないだ聞いた堀江さんの話を描いてみようということでネームを描いてみたら、意外と面白くなったので、採用となりました。
単行本で読んだ方から「堀江さんの話の蛇足感が半端ない」という感想をいただいたのですが、そこも僕としては気に入っています。
なんかサーヴァイブしてるなって感じが出てないですか?
堀江さんには「好きなようにいじってもらっていいですよ」と言っていただいたので、すごく楽しんで描けました。
yaretakamo02_243.jpg


というわけで、結構面白い自信作です。
どうぞ宜しくお願い致します。

やれたかも2巻カバーデータ600
紙書籍

yare02cover600_2018031515480928e.jpg
電子書籍

スタンプ300
LINEスタンプ

yaretakamostore_20180310170055ac8.png
オリジナルグッズ「やれたかも札」










>>次のページ