スイートメモリー2」という短編集を電子書籍で発売しました。
2015年〜2019年ごろに描いた読切などを詰め合わせたものになっています。
発売を記念して作品解説や思い出話を書き綴っています。

swm2_001.jpg


⑦婚活刑事 柳瀬まみ子

swm2_161.jpg

本当はある商品名が入った漫画をツイッターに載せてて、それを短編集に収録する予定だったのですが、企業先に「電子書籍に収録して売ってもいいですか?」と問い合わせたところ見事に「ダメです。」という返事をいただいてしまったので、急遽描き下ろした漫画になります。
ツイッターには好き勝手書くんですが、それで商売するときはちゃんと連絡するんですよ。僕は。
まあ当たり前か。

swm2_163.jpg

突貫工事の描き下ろし。
結構面白いと思うんだけど、あんまりウケた感じがありませんね。
今読み返したら掴みが良くない気がするな。もう少し柳瀬がちゃんと変な奴だとわかりやすくしないと。
セリフも多いしなー。
最後のページもちゃんとロングショットから入らないとわかりづらい気がするなー。
急いだらダメですね。

swm2_166.jpg

というわけで短編集「スイートメモリー2」作品解説でした。
2020年はネームをたくさん描いている。
それをひたすら原稿にしていって、また第3弾を出したいと考えています。
2021年ぐらいになんとか出せたら。
やれたかもの続きも出します。
よろしくお願いいたします。
皆さんに見捨てられたら終わりです。
よろしくお願いいたします。




スポンサーサイト



スイートメモリー2」という短編集を電子書籍で発売しました。
2015年〜2019年ごろに描いた読切などを詰め合わせたものになっています。
発売を記念して作品解説や思い出話を書き綴っています。

swm2_001.jpg


⑥お父さんのアロマキャンドル

swm2_124.jpg

色々あって父親のことがすごく嫌いなのだが、大人になり自分も親になったら「父親の偉大さがわかった。」なんてことは全くなく、やはり嫌いだし、改めて彼は間違っていたんだなと思うことの方が多い。
「親を大事にしないと自分も大事にされないぞ。」というような考えに縛られていた時期もあったが、これも絶対違うと思う。奴の人格が完全におかしかったのだ。
時代の流れに翻弄されて大変だったのはある程度理解する。
ガスも水道も電気もまだ十分に通っていない時代だっただろうし。十分な教育を受けられなかったりしたかもしれない。
強烈な劣等感や、差別があったかもしれない。
でもギリギリ奴がおかしかったと思う。
ともあれ関わり合いたくはないものであります。
というような気持ちを描いたものです。

swm2_117.jpg


何年かぶりに実家に帰って親と話すとその内容が一切変わっていないことに驚く。
大体金の話。「あの時にいくらかかった。いやあの時はオレが出した。でもあの時困ってたのをオレが助けた。それは覚えてない。」などなど。
金のルーズさによる水掛け論。会話の無限ループが発生して、ああこれが嫌でオレは家を出たんだなと改めて思う。
そして親戚の悪口。20年ぐらい前に言ってた悪口をまだ言ってたりする。
こないだ(といっても2年くらい前か)一番びっくりしたのが父親が「ダウンタウンの浜田はなんで人の頭をあんなにたたくんや。」と言い出したことだった。
オレが小学校ぐらいの時のダウンタウンのイメージから変わっていない!!
最近浜ちゃんそんなに殴らへんし!
父親のことを書こうとすると悪口ばかりになってしまう。
なのでなるべく漫画にして残しておくべきですね。

swm2_118.jpg


2019年に描いた漫画でゲッサンに載せてもらいました。
もっとじじいの身体をうまく描けたらよかったなと思わなくもないです。うーん。
親子で弁当食べてるシーンが個人的には気にっています。
家族の風景。
好きな女の子のTwitterチェックをしているのは本当ですが、喫茶店に実際行ったりしたのはフィクションです。
そんなことするわけないじゃないですか。


swm2_127.jpg




スイートメモリー2」という短編集を電子書籍で発売しました。
2015年〜2019年ごろに描いた読切などを詰め合わせたものになっています。
発売を記念して作品解説や思い出話を書き綴っていこうと思います。

swm2_001.jpg


⑤賑やかな街のバーテンダー

swm2_082.jpg

2018年頃に描いた漫画です。
ネームはもっと前から描いていて、掃除の時に溜まっているネームを読み返して「面白いな」と思って原稿化したパターンですね。
2019年に短編集を出そうと考えていて、そのために描いたんじゃなかっただろうか。
確かゲッサン編集部に送ったけど「これは別にいらない。」と言われた記憶があります。
何もかもがうまくいくわけではありませんね。

swm2_084.jpg

最寄駅の駅前に実際にこういうバーがあって、上がキャバクラだったんですよね。
バーテンダーのおじさんも実際こんな感じで、ラストに100円をおまけしてくれたのも実話です。
僕が席についてから終始帰ってほしそうだったんですよね。
今はそのバーは無くなったけど、キャバクラはまだやってるんじゃないだろうか。
30歳前後の頃はよくバーへ行ってた気がする。
今は全然行かなくなってしまったし、行ってたバーは軒並み潰れてしまいました。
ミックスナッツとラフロイグのロック。
高いのに何が楽しくて行っていたんだろう。大体バーテンダーと話も特に弾まないし。
今は日高屋の方が楽しくなってしまいました。
ホッピーセットにマカロニサラダとイワシフライ。

swm2_086 2

作中に「出会い系やってます?」ってセリフがあるけど、このセリフもちょっと古くなってしまいましたね。
ネームを寝かせるとこういうことになりがちなので困るところです。

swm2_086.jpg



>>次のページ